韓国岳コース

えびの高原トレッキングの代名詞 頂上から見るパノラマ絶景

韓国岳コース地図

えびの高原の中央に雄大で堂々とした姿を見せるのが霧島連山最高峰の韓国岳(標高1,700m・火口直径900m・深さ300m)です。

韓国岳への登山は、標高1200mのえびの高原を起点として標高差500mの登りです。頂上までは1時間30分と登り易く人気の高い山です。

特に山頂からの眺望は素晴しく、南に新燃岳、秀麗で姿の美しい高千穂の峰、錦江湾に浮かぶ桜島、そして快晴の日には薩摩富士と言われる開聞岳が望められ、北のえびの高原方向には、コバルト色の不動池、白紫池、六観音御池などの火口湖や「お浪さん」の伝説の残る神秘的な大浪池などが眺望できます。

韓国まで見渡せると言うことでこの名前がついたと言われています。

春になると霧島山の花々は一斉に芽を吹き始め、5月下旬から6月中旬にかけてミヤマキリシマツツジの淡いピンクの花が山肌を埋め尽くし、フラワートレッキングには最適です。

秋の紅葉シーズンには全国からの登山客でにぎわいます。

えびの高原トレッキングのお問い合わせは、
えびの高原荘・TEL0984-33-0161まで

ページの先頭へ戻る